チーズ

イタリア産チーズ19種類!これであなたもイタリアチーズ通!

イタリア チーズ
ねこさん
ねこさん
イタリア産のチーズを食べたい!

どんな種類があるの!

チーズをイタリア語で何ていう?

という疑問を解決できます。

本記事の概要

19種類のイタリア産チーズをアルファベット順にご紹介!
チーズはイタリア語でformaggio

イタリアといえばチーズ。
イタリアのチーズは2000年前には存在していたと言われています。
土地ごとに特徴のある様々な種類のチーズがあるので、お気に入りのチーズがきっと見つかるはず。

代表的なイタリア産チーズをアルファベット順にご紹介していきます。

写真をクリックするとナチュラルチーズ専門店『オーダーチーズ・ドットコム』等のチーズ販売ページにジャンプします。

ねこさん
ねこさん
オーダーチーズドットコムは世界中のチーズをリーズナブルな価格で取り扱っている、チーズ好き必見の会社です。
スポンサーリンク

イタリアチーズ①:アジアーゴ(asiago)

産地イタリア:ヴェネト州
由来ヴェネト州ヴィチェンツァ県アジアーゴ村という村の名前
原料牛乳(元々は羊乳)
種類セミハードタイプ
ほのかな酸味と甘み

アジアーゴはイタリアでは毎日食卓にあがるほど定番のチーズの1つ。

淡いクリーム色のチーズらしい色をしています。
エメンタールチーズのような穴が開いているのも特徴です。

チーズ独特のクセはあまりなく、食べやすいと思う方が多いチーズです。

みけねこさん
みけねこさん
赤ワインはもちろん、蜂蜜をかけて食べたり、パニーニに挟んだり、サラダに添えてもおいしいですよ。

アジアーゴ
(オーダーチーズ.comへ)

イタリアチーズ②:ブッラータ(burrata)

産地イタリア:ブーリア州
由来「バターの様なもの」という意味
原料牛乳、水牛乳+生クリーム
種類フレッシュタイプ
とろりとクリーミー

ブッラータはモッツアレラチーズを袋状にし、生クリームを詰めて作られたチーズです。
袋を切ると生クリームのトロトロ感があふれ、口に入れた瞬間にミルクの風味が口中に広がるなんとも贅沢な一品。

とろとろの生クリームが主原料なため、保存が効きません
そのため、作りたてを24~48時間以内に食べないといけないという足の早いチーズでもあります。

ブッラータ
(オーダーチーズ.comへ)

イタリアチーズ③:カチョカヴァッロ(caciocavallo)

産地イタリア:モリーゼ州、シチリアなど
由来cacio(チーズ)+cavallo(馬)
原料牛乳
種類セミハードタイプ
弾力が特徴的な上品な甘味

カチョカヴァッロは「馬のチーズ」という意味です。
馬の鞍にぶら下げられる袋のような見た目から名づけられました。
カチョカヴァッロ

ねこさん
ねこさん
写真はPlayStation®4用ソフト「レッド・デッド・リデンプション2」。
みけねこさん
みけねこさん
アメリカのカウボーイじゃん
ねこさん
ねこさん
西部劇好きにはたまらない名作ですよ。

一部暴力的な表現があることからZ指定 (18才以上のみ対象)となっています。
未成年者は購入できませんのでご注意ください。

ねこさん
ねこさん
話をカチョカバロに戻します

カチョカヴァッロはモッツァレラチーズを吊り下げてひょうたん型にしたチーズです。

モッツァレラチーズと同様に弾力性があり、もってりとした食感を楽しめます。
熟成が進むと辛みや酸味が出てきます。

みけねこさん
みけねこさん
薄くスライスすればワインのつまみに最適な一品に。
表面を焼いて焼きカチョカバロにするのも美味しいです。

カチョカヴァッロ
(楽天HPへ)

イタリアチーズ④:カステルマーニョ(castelmagno)

産地イタリア:ピエモンテ州
由来ピエモンテ州クーネオ県カステルマーニョという地名
原料牛乳+山羊の乳
種類フレッシュタイプ
青カビのスパイシーさととろけるような口当たり

カステルマーニョは青カビが混合されたチーズ。
そのため熟成が進むにつれて青カビのもつスパイシーが際立つようになります。

隠し味にもってこいのため、ペンネやニョッキなどの料理のソースとして使われることも多いです。

正式なカステルマーニョは夏の放牧期の期間にだけ作られるため生産量が限られており、希少性の高いチーズとなっています。

カステルマーニョ
(楽天HPへ)

イタリアチーズ⑤:カース・マルツゥ(casu marzu)


※写真はWikipediaよりお借りしました

産地イタリア:サルデーニャ地方
由来「腐ったチーズ」という意味
原料羊乳
種類フレッシュタイプ
ヒリヒリとした刺激的な味わい

カース・マルツゥの特徴は何といっても生きた蛆虫が入っていることです。
そのため「うじ虫チーズ」と呼ばれることも。

ねこさん
ねこさん
あの蛆虫!?

カース・マルツゥの製造時にチーズバエの成虫に卵を産み付けさせ幼虫ごと発酵させます。
蛆虫を使うことで発酵度が高く、チーズの脂肪の分解が早まるためとても柔らかくなります。

しかし、チーズバエの幼虫は胃酸でも生きると言われており、衛生上危険ではないかという議論もされているチーズです。

イタリアではその危険性からカース・マルツゥの販売を禁止していますが、サルデーニャ地方では今でも市場で高値で取引されているそうです。

ねこさん
ねこさん
通販では購入できないから現地に赴くしか入手手段がないのね…
みけねこさん
みけねこさん
食べる時も自己責任になりますね

イタリアチーズ⑥:フォンティーナ(fontina)

産地イタリア:バレ・ダオスタ州
由来山の牧草地「Fontin」の名称(諸説あり)
原料牛乳
種類セミハードタイプ
甘みが強く、ナッツのような風味

フォンティーナはアルプスの山々に生えている牧草だけを与えて作られたチーズです。

フォンティーナの45%は乳脂肪といわれるほど濃厚。
イタリア版チーズフォンデュの「フォンドゥータ」に欠かせません。

フォンティーナ
(オーダーチーズ.comへ)

イタリアチーズ⑦:ゴルゴンゾーラ(gorgonzola)

産地イタリア:ピエモンテ州、ロンバルディア州
由来ゴルゴンゾーラ村という村の名前
原料牛乳
種類青カビタイプ
ピリリと辛め

ゴルゴンゾーラチーズは世界三大ブルーチーズのひとつ。

ねこさん
ねこさん
日本でも有名だね。
みけねこさん
みけねこさん
ちなみに三大の残り2つは、
フランスのロックフォールチーズ
イギリスのスティルトンチーズです。

マーブル模様が美しいゴルゴンゾーラは青カビを使って熟成させるため、熟成が進むほどにピリリとした辛みを感じることができます。

最初は食べづらいですが、慣れると病みつきになると言われているチーズでもあります。

ゴルゴンゾーラには青カビを抑えたドルチェタイプと、青カビをふんだんに使ったピカンテタイプの2種類があります。
ドルチェタイプは青カビが少なく、使われる塩も少量のため、ブルーチーズの中でも甘さを感じられるチーズです。

みけねこさん
みけねこさん
初心者は下の写真のドルチェタイプがおススメです。

ねこさん
ねこさん
ちなみに章の冒頭の写真はピカンテタイプのチーズです。

ゴルゴンゾーラ・ドルチェ
(オーダーチーズ.comへ)

ゴルゴンゾーラ・ピカンテ
(オーダーチーズ.comへ)

イタリアチーズ⑧:グラーナ・パダーノ(grana padano)

産地イタリア:ピエモンテなどのポー川流域
由来「grana」は粒状、「padano」はポー川周辺の平地
原料牛乳
種類ハードタイプ
コクがありつつ優しい味

グラーナ・パダーノの表皮は茶褐色で厚く超固いチーズですが、
中身はホロホロと砕けやすいチーズです。

チーズの王様と名高いパルミジャーノチーズの姉妹版チーズ。
パルミジャーノチーズよりも熟成期間が短いため、万人受けする味や値段となっています。

粒状の名の通り、イタリアでは日常使いとしてパスタ、サラダなどにおろして使われます。

グラーナ・パダーノ
(オーダーチーズ.comへ)

イタリアチーズ⑨:モンタージオ(Montasio)

スポンサーリンク
産地イタリア:ヴェネト州(フリウリ地方)
由来モンタージオという山の名前
原料牛乳
種類ハードタイプ
塩分と乳分のマリアージュ

モンタージオは熟成期間が長いチーズで、ハードタイプと呼ぶには10か月以上も熟成させる必要があります。

ねこさん
ねこさん
2か月熟成させる程度ではまだまだフレッシュタイプと呼ばれるそうですよ。

熟成が進むほど固さが増していき、ハードタイプとなるとカチカチになります。
修道院で作られ始めたのが最初で、当時はモンタージオ山間で取れる牛の乳を使うモンタージオは貴重品でした。

10か月以上も保存するため、塩をかなり強めに配合したチーズでもあります。

フレッシュタイプの頃はパンに乗せて牛乳の風味を楽しみ、
熟成が進んだハードタイプはすりおろしてパスタなどにかけて食べます。

ねこさん
ねこさん
ちなみにモンタージュ写真などに使われる「モンタージュ」はモンタージオと名前が似ていますがフランス語。
みけねこさん
みけねこさん
「組み立て」という意味があります。

モンタージオ
(楽天HPへ)

イタリアチーズ⑩:モッツァレッラ(mozzarella)

産地イタリア:カンパーニア州、ラツィオ州
由来引きちぎるという意味の「モッツァーレ」から
原料水牛乳
種類フレッシュタイプ
もっちゃもっちゃした食感とフレッシュな瑞々しさ

モッツァレッラ・チーズは日本でもお馴染みの丸くて滑らかな瑞々しさが特徴的なチーズです。
トマトを挟んだカプレーゼやナポリピッツァは有名ですね。

本来は、水牛の乳で作られたモッツァレッラ ディ ブファラ(mozzarella di bufala)が基本でしたが、現在では牛乳で作られるモッツァレラチーズも増えてきました。

ねこさん
ねこさん
水牛版のモッツァレッラチーズ(モッツァレッラ ディ ブファラ)は濃厚さが違うので、ぜひ一度お試しあれ。
みけねこさん
みけねこさん
モッツァレッラ ディ ブファラは美味しい反面、鮮度が命のためすぐに傷みやすくなるので、早めに食べる必要があります。

モッツァレッラ ディ ブファラ
(オーダーチーズ.comへ)

イタリアチーズ⑪:マスカルポーネ(mascarpone)

産地イタリア:ロンバルディア州
由来ミルクのクリームという意味の「マスケルパ」から。諸説あり
原料牛乳
種類フレッシュタイプ
濃厚なミルク感とほのかな酸味

マスカルポーネチーズはティラミスなどのお菓子にも使われる、日本でもなじみのあるチーズです。

加熱した生クリームに酸を入れて固め、布で濾過して水分を絞っただけのチーズのため、乳脂肪分80%を誇るクリームタイプのチーズです。

生クリームに似た風味のため、ケーキの材料としてとても合います。

マスカルポーネ
(オーダーチーズ.comへ)

イタリアチーズ⑫:パルミジャーノ・レッジャーノ(parmigiano reggiano)

産地ロマーニャ州、バルディーア州
由来パルマ地方とレッジョ地方周辺で作られるため
原料牛乳
種類ハードタイプ
チーズの王様の二つ名にふさわしい深いコク

パルミジャーノ・レッジャーノは別名「チーズの王様」。
なんと最低1年以上、平均2年もの間熟成させて作られます。
そのためお金以上の価値があると言われており、株や金同様に投資の対象にもなっているほど。

厳しい審査をクリアしたチーズにだけパルミジャーノ・レッジャーノの刻印を押されます。

パルメザンチーズの原料としても有名で、すりおろしてパスタなどに振りかけて使われます。
その他にも切り落とした欠片のまま食べてもおいしいチーズです。

みけねこさん
みけねこさん
ちなみに、日本でよくみられるパルメザンチーズはアメリカがパルミジャーノ・レッジャーノ風として売り出した、似て非なるものです。

パルミジャーノ レジャーノ
(オーダーチーズ.comへ)

イタリアチーズ⑬:ペコリーノ・ロマーノ(pecorino romano)

産地イタリア:ローマ、シチリア地方
由来「pecorino」は羊、「romano」はローマ近郊
原料羊乳
種類ハードタイプ
羊乳由来のクセがある

ペコリーノ・ロマーノは2000年以上も前のローマ帝国時代から食べられていたイタリア最古のチーズ

羊の乳を半年以上熟成して作られるため、塩分が強く濃厚な旨味を感じられます。
ローマ近郊で作られるペコリーノ・ロマーノは、同じくローマの名物料理のカルボナーラパスタに良く使われていますよ。

みけねこさん
みけねこさん
羊乳から作られるチーズ全般のことをペコリーノチーズと呼びます。
ねこさん
ねこさん
ローマ近郊で作られていた羊のチーズだからペコリーノ・ロマーノだね

ペコリーノ ロマーノ
(オーダーチーズ.comへ)

イタリアチーズ⑭:プロヴォローネ(provolone)

産地イタリア:ロンバルディア州、ロマーニャ州
由来球やボールという意味の「provola」から
原料牛乳
種類セミハードタイプ
モッツァレラのような弾力となめらかクリーミー

プロヴォローネは名前のとおり球形のチーズ。
重さが最大で100kgになるものも。

モッツァレラチーズと同様の作り方をします。
そのため非常に淡白!
かつ熱を加えるととろ~んと伸びるチーズらしさが魅力です。

熟成期間が3ヶ月未満のものはフレッシュタイプ。
スライスしてパンに載せて食べると絶品です。

3か月以上になるとセミハードタイプとなり、すりおろして使うことが多くなります。
熟成が進むほど塩っ辛く感じるのは他のチーズと同様です。

プロヴォローネ
(オーダーチーズ.comへ)

イタリアチーズ⑮:リコッタ(ricotta)

産地南イタリア全域
由来再びという意味の「ri」+煮たという意味の「cotta」から
原料牛乳、羊乳、山羊乳、水牛乳
種類フレッシュタイプ
くちどけの軽いクリーミーさ

リコッタチーズはヨーグルトの水分でも有名な「ホエー」から作られたチーズです。
名前の通り、ホエーを煮詰めて作られます。
ホエーはチーズを作る過程でも発生するので、原料は牛乳、羊乳など様々。

口あたりなめらかでさっぱりとしたフレッシュタイプのチーズになります。

みけねこさん
みけねこさん
リコッタパンケーキで有名になりました。

リコッタ
(オーダーチーズ.comへ)

イタリアチーズ⑯:ロビオラ・ディ・ロッカヴェラーノ(robiola di Roccaverano)

産地イタリア:ピエモンテ州
由来ルビー色という意味の「robiola」+産地のロッカヴェラーノ町から
原料山羊乳+牛乳
種類フレッシュタイプ
ミルク感あふれる味わい

ロビオラ・ディ・ロッカヴェラーノはピエモンテ州のロッカヴェラーノ町で山羊の乳から作られるチーズです。
しかし最近では牛乳や羊乳も混ぜて作られることも増えてきました。
さらに作るときの季節や家庭によっても混合率が異なるので、「ロビオラ・ディ・ロッカヴェラーノ」と一口で言っても味は様々です。

一般的な酵母菌などは使われず生のまま熟成させるため、クリーミーなミルクの香りが漂います。

イタリアチーズ⑰:タレッジョ(taleggio)

産地イタリア:ロンバルディア州
由来原産地のタレッジョ渓谷(Val Taleggio)から
原料牛乳
種類ウォッシュタイプ
甘くクリーミーでマイルドな味

タレッジョは珍しく四角い見た目のチーズ。
ウォッシュタイプのチーズなので、一週間ごとにチーズの表面を塩水で洗って作られます
チーズを洗うことで表面に独特なオレンジ色が形成されます。

ねこさん
ねこさん
当時タレッジョを作っていた地形が渓谷だったことから、持ち運びしやすいように四角く作られたそうです。

また臭いが強く、イタリアでは「足の裏の匂いがする」チーズとも言われるチーズです。

しかし味はとてもクリーミーでまろやかな味わい。
デザートで食べられることもあるチーズです。

タレッジョ
(オーダーチーズHPへ)

イタリアチーズ⑱:トーマ・ピエモンテーゼ(toma piemontese)

産地イタリア:ピエモンテ州
由来「ピエモンテ地方のチーズ」という意味
原料牛乳
種類ハードタイプ
濃い旨味と酸味がマリアージュ

トーマ・ピエモンテーゼは名前の通り北イタリアのピエモンテ州名産のチーズです。
熟成期間の長いハードタイプのチーズのため、表皮は固く、凝縮された旨味が特徴となります。

イタリアの家庭では良く使われるチーズであり、焼いてよし、溶かしてよし、果物に添えてよしのオールラウンダーなチーズです。

トーマ・ピエモンテーゼ
(楽天HPへ)

イタリアチーズ⑲:サン ピエトロ チェーラ ダーピ(san pietro cera d’api)

産地イタリア:ヴェネト州
由来産地のサンピエトロ地方+蜜ろうという意味の「cera d’api」から
原料牛乳+蜜
種類ハードタイプ
長期熟成の旨みとはちみつの香り

有名ではないので番外編な位置づけになりますが、最後にサン ピエトロ チェーラ ダーピというイタリアでもなかなか手に入らないチーズもご紹介します。

私が一押ししているチーズ問屋のオーダーチーズ.comさんが現地で発見した、1900年代初期創業の老舗チーズメーカーのチーズ。

ねこさん
ねこさん
日本でもオーダーチーズ.comさんでしか取り扱っていません。

チーズを蜜ろうでコーティングすることでチーズにはちみつの香りがコーティングされます。
とても滑らかなのでチーズというよりもデザートのイメージが近いかもしれません。

ねこさん
ねこさん
ぜひお試しあれ

サン ピエトロ チェーラ ダーピ
(オーダーチーズ.comへ)

まとめ

イタリアのマニアックなチーズをご紹介しました。

日本で買えるものも買えないものもありますが、ぜひ一度は食べたいものばかりですね。

スポンサーリンク
目が疲れやすいと感じたら「アサイベリーアイ


最近パソコンやスマホを使い続けると目がしょぼしょぼしやすい…
集中してパソコンしていると目が疲れやすくなった…
というときにの原因の一つにアントシアニン不足が考えられます。

アントシアニンを手軽に補うならアサイベリーがおススメです。
アサイベリーにはアントシアニンが多い食材として有名なブルーベリーよりも4.6倍多くのアントシアニンが含まれています。

そのアサイベリーをふんだんに使ったサプリメントの「アサイベリーアイ」。
錠剤タイプのサプリメントなので、手軽にアントシアニンを摂取できます。

初回970円と他のアサイベリー系サプリよりも低価格。
しかも定期販売としては珍しく継続指定回数の制限がありません。
1回だけ試したい!など、気軽に試せるのは嬉しいです。