チーズ

お土産にできない!?南イタリア旅行時に現地で食べるべきチーズ4選!

ねこさん
ねこさん
現地で食べておきたい南イタリア名産のチーズは何がある?

という疑問を解決できます。

本記事の概要

南イタリア名産のチーズをご紹介!
チーズはイタリア語でformaggio!

イタリアといえばチーズ。
土地ごとに特徴のある様々な種類のチーズがあります。

フレッシュチーズは常温保存が難しいものが多く、お土産には不向きなことが多いです。
持ち帰りできないのであれば、現地で思う存分堪能したいですよね。

南イタリア旅行に行ったら現地で食べたいチーズをご紹介していきます。

写真をクリックするとナチュラルチーズ専門店『オーダーチーズ・ドットコム』等のチーズ販売ページにジャンプします。

ねこさん
ねこさん
オーダーチーズドットコムは世界中のチーズをリーズナブルな価格で取り扱っている、チーズ好き必見の会社です。
スポンサーリンク

南イタリア旅行に行ったら現地で堪能したいチーズ

南イタリア

イタリアといえばチーズ!
旅の終わりにはお土産にしたいものです。
ハードタイプの固めのチーズはスーツケースに入れて大丈夫。

ねこさん
ねこさん
南イタリアには持ち運びしやすいハードタイプのおいしいチーズが揃っています。

しかしモッツアレラチーズのようなフレッシュチーズは常温保存が難しいですし、旅行後半にパンッパンになったスーツケースに入れるのはためらわれます。

お土産に持って帰るのは大変だけど現地で食べておかないと後悔する、南イタリア名産チーズをご紹介していきます。

イタリアチーズ①:ブッラータ(burrata)

産地イタリア:ブーリア州
由来「バターの様なもの」という意味
原料牛乳、水牛乳+生クリーム
種類フレッシュタイプ
とろりとクリーミー

現地で食べたいチーズ筆頭はブッラータ。

ブッラータはモッツアレラチーズを袋状にし、生クリームを詰めて作られたチーズです。
袋を切ると生クリームのトロトロ感があふれ、口に入れた瞬間にミルクの風味が口中に広がるなんとも贅沢な一品。

とろとろの生クリームが主原料なため、保存が効きません
そのため、作りたてを24~48時間以内に食べないといけないという足の早いチーズでもあります。

ねこさん
ねこさん
日本ではなかなかお目にかかれないのでぜひイタリアで食べておきたいです。

イタリアチーズ②:モッツァレッラ(mozzarella)

産地イタリア:カンパニア州
由来引きちぎるという意味の「モッツァーレ」から
原料水牛乳
種類フレッシュタイプ
もっちゃもっちゃした食感とフレッシュな瑞々しさ

モッツァレッラ・チーズは日本でもお馴染みの丸くて滑らかな瑞々しさが特徴的なチーズです。
モッツアレラチーズをふんだんに乗せたナポリピッツァやトマトを挟んだカプレーゼは有名ですね。

今では南イタリアだけでなく手軽に入手可能なポピュラーなチーズですが、原産地はカンパニア州です。

スポンサーリンク
ねこさん
ねこさん
カンパニア州の州都ナポリは南イタリア旅行では外せませんね。

本来のモッツアレラチーズは、水牛の乳で作られたモッツァレッラ ディ ブファラ(mozzarella di bufala)が基本でした。
しかし、現在では牛乳で作られるモッツァレラチーズも増えてきています。

ねこさん
ねこさん
水牛版のモッツァレッラチーズ(モッツァレッラ ディ ブファラ)は濃厚さが違うので、ぜひ一度お試しあれ。
みけねこさん
みけねこさん
モッツァレッラ ディ ブファラは美味しい反面、鮮度が命のため傷みやすいチーズです。
ねこさん
ねこさん
お土産にはしづらいチーズですね。

イタリアチーズ③:リコッタ(ricotta)

産地南イタリア全域
由来再びという意味の「ri」+煮たという意味の「cotta」から
原料牛乳、羊乳、山羊乳、水牛乳
種類フレッシュタイプ
くちどけの軽いクリーミーさ

リコッタチーズはヨーグルトの水分でも有名な「ホエー」から作られたチーズです。
名前の通り、ホエーを煮詰めて作られます。
ホエーはチーズを作る過程でも発生するので、原料は牛乳、羊乳など様々。

口あたりなめらかでさっぱりとしたフレッシュタイプのチーズになります。

みけねこさん
みけねこさん
リコッタパンケーキで有名になりました。

イタリアチーズ④:カース・マルツゥ(casu marzu)


※写真はWikipediaよりお借りしました

産地イタリア:サルデーニャ地方
由来「腐ったチーズ」という意味
原料羊乳
種類フレッシュタイプ
ヒリヒリとした刺激的な味わい

サルデーニャ地方が産地のカース・マルツゥは、上でご紹介してきたフレッシュチーズとは毛色が異なるチーズです。

カース・マルツゥの特徴は何といっても生きた蛆虫が入っていること。
そのため「うじ虫チーズ」と呼ばれることも。

ねこさん
ねこさん
あの蛆虫!?

カース・マルツゥの製造時にチーズバエの成虫に卵を産み付けさせ幼虫ごと発酵させます。
蛆虫を使うことで発酵度が高く、チーズの脂肪の分解が早まるためとても柔らかくなります。

しかし、チーズバエの幼虫は胃酸でも生きると言われており、衛生上危険ではないかという議論もされているチーズです。

イタリアではその危険性からカース・マルツゥの販売を禁止していますが、サルデーニャ地方では今でも市場で高値で取引されているそうです。

ねこさん
ねこさん
通販では購入できないから現地に赴くしか入手手段がないのね…
みけねこさん
みけねこさん
食べる時も自己責任なクレイジーなチーズです

まとめ

南イタリアに行くときにはぜひ現地で食べたいチーズをご紹介しました。
モッツアレラチーズやリコッタチーズなどは日本でもお馴染みですが、現地の作りたては別格ですね。

スポンサーリンク
目が疲れやすいと感じたら「アサイベリーアイ


最近パソコンやスマホを使い続けると目がしょぼしょぼしやすい…
集中してパソコンしていると目が疲れやすくなった…
というときにの原因の一つにアントシアニン不足が考えられます。

アントシアニンを手軽に補うならアサイベリーがおススメです。
アサイベリーにはアントシアニンが多い食材として有名なブルーベリーよりも4.6倍多くのアントシアニンが含まれています。

そのアサイベリーをふんだんに使ったサプリメントの「アサイベリーアイ」。
錠剤タイプのサプリメントなので、手軽にアントシアニンを摂取できます。

初回970円と他のアサイベリー系サプリよりも低価格。
しかも定期販売としては珍しく継続指定回数の制限がありません。
1回だけ試したい!など、気軽に試せるのは嬉しいです。