Gmail

Gmailでコピペすると半角スペースが入るときの対処法

Gmail 半角スペース
Gmailを書くとき、文章をコピーしてから貼り付けると、謎の半角スペースが入ることがあります。
毎回半角スペースを消すのは地味に面倒くさい作業。

半角スペースが出ないコピペの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Gmailでコピペすると半角スペースが入る

Gmailでメール文を作成中にコピペするときありますよね。

例えば、Gメール上で

「私の趣味はブログとお菓子作りと旅行です。」

と打った後に、

ねこ
ねこさん
やっぱり「お菓子作り」と「旅行」を入れ替えよう!

と修正することがあります。

その時に、
「とお菓子作り」の部分をコピーして「旅行」の後に貼り付けすると、
Gmail 半角スペース

のように、貼り付けた部分の前後(矢印の部分)に謎の半角スペースが入ってしまいます。

現れた半角スペースのところにまでカーソルを持って行き、いちいち削除するのはとても手間がかかるし面倒くさいですよね。

Gmailでコピペすると半角スペースが入る理由

コピペしたときに半角スペースが入る理由を考えてみました。

私の環境:
◆PC版のGoogle chromeでGmailを作成。
◆OSはWindows10。

Google chromeのGmailはHTML形式です。
そのため、コピー時に何らかのタグが入ってしまっているのだと予想してみました。
(Gmailのソースが見れないため想像です)

スポンサーリンク

テキストをコピーする時にタグの情報ごとコピーしてしまうため、
貼り付けたときにGmail側でタグの情報を
「なんかあるぞ?分らんがとりあえず半角スペースにして表示しよう」
として、半角スペースになって現れるのだと思います。
(余計なことしないでGmail…)

そこで試しにGmailでコピーした文章(上の例では「とお菓子作り」)を、
①HTML形式ではなくテキスト形式であるメモ帳に貼り付け
②再度Gmailに貼り付け
という工程をたどると半角スペースが入らずにコピペできました。

Gmailのコピペ時に半角スペースが入らないようにする方法

一度メモ帳を経由してから貼り付けると半角スペースは現れないのですが、それはそれで面倒くさいです。
もっと簡単にできる方法を考えてみました。

原因はおそらく上でご紹介したように、
HTMLのタグが含まれた状態をコピーしたから半角スペースが出る
のだと思われます。

であれば、半角スペースを出ないようにする方法は簡単です。

コピー時のHTMLタグ情報をなくせばよいので、テキストのみの貼り付けをすればよいことになります。

テキストのみの貼り付けをする方法をご紹介します。

1:ショートカットコマンドで貼り付ける場合

PCでメールを作成する場合、
貼り付けのショートカットキーで有名なCtrl+Vを利用するかと思います。
しかし、Ctrl+Vではコピー時のHTML情報も一緒に貼り付けられてしまいます。

そこで貼り付け時にShiftを追加して
Ctrl+Shift+V
を試してみてください。

Ctrl+Shift+Vはテキストのみ貼り付けのショートカットコマンドです。
半角スペースの原因と思われるHTMMLタグを含まずに貼り付けできます。

なお、Macの場合は
Cmd+Shift+V
となります。

2:右クリックで貼り付ける場合

コピー後に右クリックで貼り付けをする場合、
「貼り付け」を選ぶのではなく、その下にある
プレーンテキストとして貼り付ける」を選択しましょう。
Gmail 半角スペース

上でご紹介したCtrl+Shift+Vと同様に、テキスト情報のみ貼り付けすることができます。

まとめ

Gmailでコピペするときに現れる半角スペースが入らないようにする方法をご紹介しました。

方法はCtrl+Shift+V。
(Macの場合はCmd+Shift+V)

半角スペースを消すというストレスをなくして作業できますよ。
お試しあれ。

スポンサーリンク
目が疲れやすいと感じたら「アサイベリーアイ


最近パソコンやスマホを使い続けると目がしょぼしょぼしやすい…
集中してパソコンしていると目が疲れやすくなった…
というときにの原因の一つにアントシアニン不足が考えられます。

アントシアニンを手軽に補うならアサイベリーがおススメです。
アサイベリーにはアントシアニンが多い食材として有名なブルーベリーよりも4.6倍多くのアントシアニンが含まれています。

そのアサイベリーをふんだんに使ったサプリメントの「アサイベリーアイ」。
錠剤タイプのサプリメントなので、手軽にアントシアニンを摂取できます。

初回970円と他のアサイベリー系サプリよりも低価格。
しかも定期販売としては珍しく継続指定回数の制限がありません。
1回だけ試したい!など、気軽に試せるのは嬉しいです。