覚えておきたいこと、忘れないようにメモメモ

宮崎県 旅行

宮崎県の鵜戸神宮にはうさぎの像がいっぱい!安産のご利益や、運玉投げて運試しも!

投稿日:2019年1月20日 更新日:

宮崎県の鵜戸神宮は、自然が作り出した神秘的な洞窟内に神社がまつられています。
断崖絶壁にある亀石という岩穴に運玉と呼ばれる玉を投げ入れ、うまく入ればご利益があるといった運試しスポットもある鵜戸神宮。

観光客もたくさん訪れる、宮崎県の有名なパワースポットです。

スポンサーリンク

鵜戸神宮はうさぎと共に

鵜戸神宮は宮崎県日南市にあり、地元では「鵜戸さん」として親しまれています。

自然が作った神秘的な洞窟の中に鵜戸神宮はあります。
日向灘に面しているため、すぐそこは海です。
波の音がざぶーんと聞こえたり、ぼこぼこした岩があったりと、自然に囲まれていることを実感できます。

晴れた日の鵜戸神宮は、真っ青な海と空に浮かぶ朱色の門がとても綺麗。
鵜戸神宮

鵜戸神宮は、鵜草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)を祀っています。

ご神体の鵜草葺不合命は、天岩戸伝説で有名な天照大神の孫の孫(玄孫)にあたります。
また、鵜草葺不合命は日本最初の天皇である神武天皇のお父さんでもあります。

さらに、稲荷神社がキツネを祭っているように、鵜戸神宮ではウサギを祭っています。
これは、鵜草葺不合命の「鵜」が、「卯」→「兎」となったことから、鵜戸神宮では兎を神の使いとして崇められだしたためです。
鵜戸神宮のあちこちにウサギの像があったり、ウサギに関連したおみくじなどが売られています。

敷地内のうさぎの像を探しつつ参拝するのも楽しいですよ。

鵜戸神宮には安産のご利益があります

古事記には、鵜戸神宮のご神体である鵜草葺不合命が生まれたときの伝説が書かれています。
それが海幸山幸伝説です。
海幸山幸伝説はこちらでご紹介しています。

海幸山幸伝説で、主人公の山幸彦(やまさちひこ。天照大神のひ孫)は海の国に行き、海神の娘の豊玉姫命(とよたまひめのみこと)と結婚します。
そして豊玉姫命はお腹に子供を身ごもります。

豊玉姫命の妊娠中に山幸彦は海の国から陸の国へ戻ってしまうのですが、
いざ、産まれそう!
となったときに豊玉姫命は心細くなり、亀に乗って夫の山幸彦の住居に向かいます。
そして鵜戸神宮にある洞窟に到着します。

山幸彦は鵜戸の洞窟にやってきた豊玉姫命を迎えるため、洞窟内に急いで産小屋を作り始めます。

しかし、産小屋の完成前に子供が生まれてしまいました。
そのときの小屋はまだ鵜の羽で屋根を葺いている途中な状態だったため、子供の名前は鵜草葺不合命と名づけられました。

豊玉姫命は子供を産むときに産小屋の戸を閉めて、
「決して開けないでくださいまし」
と夫の山幸彦にお願いします。
しかし、山幸彦は好奇心から戸を開けてしまいます。
すると中にはワニになった豊玉姫命の姿が。鶴の恩返しのワニ版ですね。

ワニの姿を見られた豊玉姫命は
「覗くなって言ったのになんで見たの!!」
と怒り、
「実家に帰らせていただきます!」
と、海の国の実家に帰ることにしました。

しかし生まれた我が子は海の中に一緒に連れて行けません。
子供を育てるため、豊玉姫命は自分の両乳房を洞窟にくっつけていきます
それが「お乳岩」と言われています。

鵜草葺不合命はお乳岩から滴り落ちるお乳水を飲んですくすくと育ちました。

お乳岩は今でも鵜戸神宮内の洞窟に存在し、絶え間なく玉のような岩清水を滴らせています。

鵜戸神宮のお乳岩を触ると安産、育児祈願によいと言われており、安産祈願のお守りも多数売られています。
ちなみに、鵜戸神宮ではお乳岩から滴り落ちる水で作られた「お乳飴」や、お乳飴を溶かして飲み物にした「お乳飴湯」も売られていますよ。

お乳飴湯は、生姜が入った甘酒といった感じの飲みやすいほっこりする飲み物です。

鵜戸神宮に行ったら運玉で運試し!

鵜戸神宮の御本殿がある洞窟から出たところに亀石という岩があります。

豊玉姫は海の国から亀に乗って夫の山幸彦に会いに来たわけですが、夫にワニの姿を見られたためささっと実家に帰ってしまいます。
そのとき亀を一緒に連れ帰るのを忘れてしまいます。
豊玉姫が帰ったことを知らない亀は豊玉姫を待ち続け、ついには岩になってしまった。

という伝説があります。
石になっても待ち続ける気の長い亀ならではの長閑な伝説です。

その亀石の甲羅の部分には枡形のくぼみがあります。

願いを込めながら運玉という素焼きの粘土を投げ、亀石のくぼみに運玉が入ればば願いが叶うといわれる運試しスポットになっています。

しかし、投げるときはどうしても
「くぼみに入れ!」
と願って投げてしまうので、別の願いを込めながら投げるのは難しいかもです(笑

運玉を投げるとき、男性は左手、女性は右手で投げる決まりがあります。
運玉は御本殿そばの売店で売られており、5個で100円です。チャンスは5回!

運玉。「運」という文字が刻印されています。
運玉は地元の小中学生が毎年粘土を丸めて素焼きして作っているそうです。
くぼみに入った運玉は定期的に取り出され、幸せのおすそ分けとして運玉入りお守りも売られていました。

レンタカー

鵜戸神宮で初詣!

2019年の初詣に鵜戸神宮に行きました。

駐車場はあるのですが、なかなかの混雑ぶり。
駐車場そばにある、鵜戸神宮の最初の門となる神門前には食べ物屋などの屋台がでていました。

神門横の社務所で御朱印をお願いし、いざ参らん!
御朱印 受付

神門をくぐった後にある楼門です。
よく見ると今年の干支のイノシシの絵が。

ご本殿に向かう途中ではお乳飴湯が売られていました。
お乳飴湯を飲むと母乳が出やすくなるそうですよ。授乳中の方はぜひお飲みあれ。

玉橋を越えるとようやく鵜戸神宮の御本殿がある洞窟が見えてきます。
階段を下りていくので、手すりはあるものの足の不自由な方は注意が必要です。

二拝二拍手一拝して鵜草葺不合命にお参り後、御本殿の裏を通ってお乳岩にもお参り。

そして鵜戸神宮のメインスポット(?)の運玉を買いに洞窟横の列に並びます。
さすが初詣だけあり、5分ほど並びました。

運玉をゲット後、洞窟の外に出て亀石の前へ。
亀石
運玉を投げた結果は…ご想像にお任せします(笑

思ったより遠いし、風もあるので難しいんですよ。
しかし周りの人が投げた運玉は、ぽちゃぽちゃとくぼみに吸い込まれていくのはなぜなのか。

まとめ

宮崎県が誇る日本神話のスポット、鵜戸神宮でした。
鵜草葺不合命の誕生にまつわる山幸彦と豊玉姫の話を知ってから参拝するとご利益が高まる気がします。

次回行ったときは運玉が入りますように。
鵜戸神宮の口コミはこちら。

拝観料  無料
駐車場  あり(無料)
トイレ  あり
住所   宮崎県日南市大字宮浦3232

スポンサーリンク

-宮崎県, 旅行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ラビスタ函館ベイ 温泉

ラビスタ函館ベイの温泉がおススメな3つの理由!温泉のみ利用は可能?混雑状況は?

北海道函館市のラビスタ函館ベイは「朝食のおいしいホテルランキング」で有名です。 スポンサーリンク 朝食のために宿泊したところ、朝食もさることながら温泉が素晴らしかった。 露天風呂に浸かりながら函館の景 …

富士サファリパークはお土産が充実!限定のお酒はいかが?

静岡県にある富士サファリパーク内のサファリショップでは、お土産用の商品が充実しています。 スポンサーリンク お土産にはお菓子やキーホルダーなどが定番ですが、富士サファリパーク限定のお酒もオススメ。お酒 …

クルーズ

シンフォニーで東京湾ランチクルーズ① 予約方法、服装、駐車場、子連れは?

シンフォニーでランチクルーズを体験しました。 スポンサーリンク シンフォニーでランチクルーズするにあたり、 ■予約方法 ■ドレスコードの有無 ■駐車場 ■赤ちゃん連れでもよいのか など事前に知っておき …

かき氷を食べに埼玉の阿左美冷蔵本店に行きました!駐車場や混み具合は?

10月の寒空の下、無性にかき氷が食べたくなったので、 埼玉県にある秩父の阿佐美冷蔵に行ってきました。 天然氷で作られたかき氷で話題となったお店です。 天然かき氷=秩父の阿佐美冷蔵と言われています。 出 …

鎌倉大仏の作り方を図解!大仏は鋳造法で作られました

鎌倉の大仏はどうやって作られたのか。 驚嘆すべきは青銅製の巨大な大仏を人力で作り上げたということ。 スポンサーリンク 鎌倉大仏が作られた当時の製造方法を分かりやすく図解しました。 スポンサーリンク