覚えておきたいこと、忘れないようにメモメモ

家電/雑貨

万年筆初心者がパイロットの万年筆コクーンを使った感想

投稿日:2019年5月23日 更新日:

万年筆 コクーン

コクーンは万年筆初心者でも購入しやすい価格で、しかも使いやすい万年筆です。
デザインも職場で使いやすいようなシンプルさで、かつ洗練されています。

万年筆初心者がパイロット社のコクーンを使ってみた感想をご紹介。

スポンサーリンク

万年筆のコクーンとは

コクーンは日本の大手文房具メーカーであるパイロットが販売している万年筆です。
万年筆 コクーン

コクーン(cocoon)は「繭(マユ)」を表す英語。
繭のふんわりと丸みをおびた優しい感じを再現しています。

パイロット社HPによると、コクーンは万年筆初心者の30代ビジネスマンが仕事で使いやすいようなシンプルな設計をコンセプトにしているそう。
まさに私にぴったり。

コクーンを購入しました

さっそくコクーンを購入しました。
万年筆デビューです。

楽天HPはこちら

私が選んだ色はオレンジ。
文字太さはF(細字)。
万年筆 コクーン
万年筆にしては安いのでチープな外観なのかと思いきや、金属光沢がかっこよくてオシャレ。

コクーンを購入すると、

・カートリッジインク×1個(ブラック)
・ギフトボックス
・取扱説明書

がついてきます。
万年筆 コクーン
カートリッジインクが入っているので、購入後すぐに使い始めることができます。

カートリッジインクはギフトボックスの土台を外したその下に入っているので、気づかない人も多い気がする笑

パイロット社のコクーンを購入した理由

こちらの記事で、万年筆歴の長い知人に学んだ万年筆を選ぶ際のポイントをご紹介しています。

上の記事内容をざっくり説明すると、
万年筆を選ぶポイントとして 
 ①ペン先、
 ②文字の太さ、
 ③万年筆の軸の太さ、
 ④インクの充填方法
があります。
その他に値段なども気になりますね。

各社の万年筆について、ネットの口コミや、知り合いの万年筆保有者に貸してもらったりしつつ、上記の項目を検討した結果、コクーンが一番とっつきやすいと思います。

実際にコクーンを使ってみた感想とともに、上記項目を見ていきます。

コクーンのペン先

一般的にペン先にはステンレスが使われており、材質の違いで書きやすさが変わります。

金はヌルヌルとした書き心地。その分高価で数万円以上。
ステンレスは安価だけど、カリカリとした書き心地。万年筆の醍醐味である筆圧0でヌルヌルすらすらとは書けない。
といわれています。

スポンサーリンク

コクーンは楽天やAmazonなどで3000円以内で購入できるため、ペン先は安価なステンレス製です。
万年筆 コクーン

金のようなヌルヌル感は味わえない…かと思いきや、
実際使用してみたところ、安い万年筆に特有のカリカリという感覚もなく、十分にスラスラ書けました

さすが日本メーカーのパイロット。
筆圧かけずに書くとはこういうことか!
ということを体験できる書きやすさです。

コクーンの文字の太さ

コクーンはF(細字)M(中字)の2種類から選べます。

私は仕事で手帳にメモする用途で使いたかったため、F(細字)を購入。

実際にA5サイズの手帳の、片面に1週間分書き込める程度のスペース(行間5ミリ)に書き込んでみました。
コクーン

漢字などの画数が多い文字は若干にじんでしまいますが読み取るには問題ありません。
字が汚いことのほうが読みづらい大きな原因と思われます笑

万年筆使えば字がうまくなると思ってたんだけどなぁ…。

M(中字)にすると、メモ帳の細かな文字用途には使いづらい太さになります。

コクーンの軸の太さ

コクーンは繭をかたどっているため、中心にいくほど膨らんだ形をしています。
万年筆 コクーン

このままだとペン軸の重心が中央になるため書きづらい。

しかし、フタをペンのお尻に挿しこむと重心が中心よりも後ろにいきます。
すると万年筆がうまく傾いてくれるので書きやすくなります。

初めての万年筆の場合、普段はボールペンを使っている人が多いと思います。
コクーンは一般的なボールペンよりも少し重たいです(体感で2倍程度)。
重たいので長時間使うと疲れるかと思いきや、自重が重たいのでボールペンのように筆圧をかける必要がありません。
結果、ボールペンよりも疲れにくいし手首が痛くならないです。
びっくりです。

コクーンのインクの充填方法

コクーンはカートリッジとコンバーター、どちらにも対応しています。

カートリッジ式で使う場合

カートリッジ式で使用する場合、サンプル用カートリッジが1本付属しているので、コクーン購入時からすぐに使い始めることができます。

コンバーター式で使う場合

コンバーター式にする場合は、別途「コンバーター」と、気に入った「万年筆用のインク」を購入する必要があります。

コンバーターの大きさはいろいろあるので、万年筆に適合するコンバーターを選びます。

コクーンの場合、ネットには
■CON-20
■CON-50
のコンバーターを使いなさい。
と書かれていることが多いです。

しかし、2019年現在、CON-20、CON-50は生産終了しています。
後継品としてCON-40が販売されているので、CON-40を購入しましょう。

楽天HPはこちら

まとめ

万年筆初心者から常連者まで幅広く使われているコクーン。
実際使ってみたところとても使いやすいことがわかりました。

【関連記事】
万年筆初心者必見!選ぶ時に押さえたい4つのポイント!
万年筆購入に悩む初心者必見!醍醐味、ボールペンとの違い、相場、行うべき作業は?

万年筆選びのご参考になれば幸い。

スポンサーリンク

-家電/雑貨
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

サーモス タンブラー

サーモスの真空断熱タンブラーJDE-420を保温、保冷用で使った感想

真空断熱のタンブラーは、飲み物がいつまでも冷たい/熱いという噂をよく聞きます。 スポンサーリンク 噂通り凄いものなのか気になったので調べたところ、サーモスのタンブラーが良さそうということがわかったので …

万年筆 インク 補充

【写真付】万年筆のインクの入れ方!補充方法をコクーンを使って解説

スポンサーリンク 万年筆はインクを補充して使います。 補充ってなんだか難しそうですが、万年筆初心者の私でも簡単に吸入できました。 万年筆にインクが補充されていく様子を見ているのは楽しいです。 万年筆の …

衣類スチーマー大手の日立のCSI-RX1を使ってみた感想!

スポンサーリンク 衣類スチーマーってご存知ですか? 衣類をハンガーにかけたままシワを伸ばせるアイロンです。 各メーカ-の衣類スチーマーの性能を比較検証した結果、日立のCSI-RX1がよさげとの結論とな …

衣類スチーマーはアイロンの代用になる?日立、パナソニック、ティファールを比較!

スポンサーリンク 衣類スチーマーってご存知ですか? 衣類をハンガーにかけたままシワを伸ばせるアイロンです。 アイロン台不要!? 衣類スチーマーはアイロンの代用になるの??と検討するにあたり、 アイロン …