覚えておきたいこと、忘れないようにメモメモ

北海道 旅行

ばんえい競馬の「スタート地点探検ツアー」に参加!見どころや所要時間など

投稿日:

ばんえい競馬 スタート地点探検ツアー

帯広競馬場では、ばんえい競馬の裏側を見学できる、
 ■バックヤードツアー
 ■スタート地点探検ツアー
を行っています。

せっかく帯広競馬場まで行ったので、2つとも参加してみました。

この記事ではスタート地点探検ツアーの内容や感想、所要時間などをまとめていきます。

スポンサーリンク

ばんえい競馬のスタート地点探検ツアーの概要

スタート地点探検ツアーは、関係者以外立入禁止のスタート地点やコースをマイクロバスで移動して見学します
スタート地点に着いたあとバスから下車して見学できます。

その他にもばん馬の練習場や、きゅう舎地区も見学できます。

定員は15名。
参加料金は500円です。
(小学生以下無料)

前日の18時までに電話で予約する必要がありますが、定員に空きがあれば当日の参加もOKです。

予約の電話番号(帯広競馬場 広報)
0155-34-0825

スタート地点探検ツアー参加まで

旅行前にばんえい競馬場公式HPを見ているといろいろなツアーがあったので、

ねこ
ねこさん
スタート地点探検ツアーには参加したいなあ

とチェックしていました。

スタート地点探検ツアーに参加するには前日までの予約が必要です。

そのことは事前に調べて知っていたのですが、
不覚にも前日まで39度超えの熱が出ていたため電話予約どころではなく、予約できないまま旅行当日を迎えてしまいました。

旅行当日は気合で熱を下げたので嫁もしぶしぶ(?)納得して無事北海道帯広市の帯広競馬場へ。
スタート地点探検ツアーの定員に空きがあることを祈りつつ開園ダッシュを目論みます。
(走ったら危ないので早歩きです)

しかもスタート地点探検ツアーは当日受付の場合、受付時間が13時から13時10分まで!
10分間しか余裕がありません。

11時前には帯広競馬場に着いてスタンバイしていたのですが、13時前は帯広競馬場に入場できないため、中に入れずヤキモキしました。

受付場所

受付場所は総合案内所です。

13時の競馬場開場とほぼ同時に入場。
ばんえい競馬
脇目も振らず受付場所を探します。

事前情報では、総合案内所は帯広競馬場の建物内の一番奥にあるとのこと。
長い通路を突き当りの壁までひたすら進みます。

通路は一直線なので道に迷う要素ゼロなのですが、本当にただただひたすら進むので

ねこ
ねこさん
途中で見逃した??まだ進むの??

と自分を疑いだします。
マークシートの試験の解答にずっと同じ数字が続いたときのあの感覚です。

ひたすら歩いた後、無事に総合案内所を見つけました。
ばんえい競馬
本当に突き当りの壁際。

目印はばん馬のボード。
ばんえい競馬

当日受付

受付に着いたのは13時7分!
まだ受付時間内のはず…。
受付にいるスタッフさんに恐る恐るお尋ねします。

ねこ
ねこさん
まだスタート地点探検ツアーに参加できますか?
スタッフさん
空いているので参加できますよ。

おおぉぉ!間に合った!

スタッフさん
バックヤードツアー もありますがいかがですか。
ねこ
ねこさん
え。2つのツアーに参加できるんですか?
スタッフさん
できますよ。
ツアーの内容が一部かぶっている点はご了承ください。

…そうです。
旅行前の私は、
「数あるツアーから1つだけしか参加できない」
と勝手に思いこんでいたんです。

2つとも参加できるならぜひ。
ということで受付に参加料500円×2ツアー分を払い、最初に始まるスタート地点探検ツアーの参加証をもらいます。
ばんえい競馬 スタート地点探検ツアー

スタート地点探検ツアー開始!

受付後、
 ■スタート地点探検ツアーの集合場所は受付そばのばん馬のボード。
 ■トイレなどを済ませてください。
 ■ベビーカーは持ち込めません(預かりは可能)
などの諸注意を聞いたうえで、集合時間まで一時解散です。

とはいえ、集合時間は13時15分。
一時解散したのは13時10分ころ。
5分ほどばん馬のボード前で待機します。

ばん馬のボード前に集合

13時15分になると参加者が集まります。
スタート地点探検ツアーの参加者は8人(3組)でした。
…意外と少ない。
参加人数の上限よりも、受付時間がタイトのほうが大変だった感じ。

関係者専用入口からマイクロバスに乗り、さっそく出発です。
ばんえい競馬 スタート地点探検ツアー

1. スタート地点

整地作業

まずはばんえい競馬のスタート地点に向かいます。

向かう途中でコース整備している方々に遭遇しました。
トンボを使って手作業で整地していくそうです。
ばんえい競馬 スタート地点探検ツアー

ばんえい競馬 スタート地点探検ツアー

レースのソリの重さ

スタート地点にはレースに使うソリがずらりと並んでいました。
ばんえい競馬 スタート地点探検ツアー

このソリ、なんと重さ450kgあるそうです。
見かけによらずめっちゃ重い。

お馬さんはそんな重たいソリを引くんですね…。
と思っていたら、

スポンサーリンク
スタッフさん
スタッフの足元をご覧ください。
重りが置いてあります。
ソリの上に重りを500kg分ほど乗せていきます。

とさらっと追加説明が。

スタッフの足元?
…確かに赤い重りが積み重なっています。
ばんえい競馬 スタート地点探検ツアー
え、450㎏+500㎏…ほぼ1トン!!
衝撃。

ばんえい競馬では、ばん馬は1トンのそりを引いてレースをするそうです。
ばん馬は元々農耕馬で力仕事をしていたころの名残だそうです。

ばん馬の歴史について詳しくは

【関連記事】
ばんえい競馬とは?普通の競馬との4つの違い
をご覧ください。

そりが重たいため、ソリの移動に工事現場にあるような重機を使います。
ばんえい競馬 スタート地点探検ツアー
競馬場に重機が置いてあるのはばんえい競馬ならではだと思います。

競馬場×重機。
というパワーワードな組み合わせを見たい方はスタート地点探検ツアーにぜひ。

さらに、騎手にも体重制限があります。
騎手の体重差がでないよう、合計が77kgになるように重りをつけるそうですよ。

ちなみに、メス馬の場合はハンデ20kg、女性騎手の場合はさらにハンデ10kg
となるように重りを調整するそうです。

ソリをトロッコで移動

レースで使われた1トンのソリは、ゴール付近にあるトロッコを使ってスタート地点に戻すそうです。
ばんえい競馬 スタート地点探検ツアー

ばんえい競馬 スタート地点探検ツアー

このトロッコはかつて夕張市の炭鉱で実際に使っていたもの。
鉱物を運んでいたそりが現役引退し、今ではばん馬のソリを引くことになりました。

2. 練習用ゲート

ばん馬は毎日レースの練習をします。

スタートの練習もするそうで、レース横には練習時に使う練習用コースのゲートがあります。
ばんえい競馬 スタート地点探検ツアー
練習用のため錆びたりしていますが、横幅などは実際のゲートそのもの。
意外と横幅があることに驚きました。
ばん馬はサラブレッドよりはるかに大きいものね。

練習用のソリもたくさん置いてあります。
ばんえい競馬 スタート地点探検ツアー

コンクリのブロックでソリの重さを調整するそうです。

コンクリの重さは100㎏近くあるのだとか。
ばんえい競馬では重さの単位がどうにもおかしい…笑。
ハンターハンターのゾルディック家(キルアの家)の警備室の品物の数々を彷彿とします。

楽天HPはこちら

3. きゅう舎地区

ばんえい競馬では、ばん馬と人(スタッフや騎手)が一つ屋根の下で生活しています。
その生活エリアをマイクロバスで見学します。
ばんえい競馬 スタート地点探検ツアー

生活エリアでは馬小屋に待機しているばん馬を見ることができます。
その日のレースにはでない馬のためリラックスモード。
ばんえい競馬 スタート地点探検ツアー
きゅう舎地区では、ばん馬が600頭、スタッフさんは200人が住んでるそうです。
もはや一つの町ですね。

町には、
ばん馬に蹄鉄をつける場所、
ばんえい競馬 スタート地点探検ツアー

ドーピング検査場、
ばんえい競馬 スタート地点探検ツアー

馬頭観音、
(ばんえい競馬場で亡くなった馬を弔うための観音様が安置されている場所)
ばんえい競馬 スタート地点探検ツアー
などがあります。
さらにはコンビニも1軒たっています。

ドーピング検査場ではレースで一位、二位となったばん馬に対して、ドーピング検査を行います。
ドーピングされていないか検査することでギャンブルの公正さを保っているそうです。

実際、レース終了後の電光掲示板には、
①レース結果速報がまず流れ(左が「未」となっている)、
ばんえい競馬

数分後に②確定番のレース結果が流れます(左が「確」となっている)。
ばんえい競馬

この数分間でドーピング検査をするそうです。

レースについての概要はこちらの記事をご覧ください。

【関連記事】
ばんえい競馬は初心者の私でも楽しめた!帯広競馬場(ばんえい十勝)を写真付きで紹介!

スタート地点探検ツアーの所要時間

きゅう舎地区の施設をぐるりと回ったところでスタート地点探検ツアー終了です。

ツアーの所要時間はおよそ30分ほど。
途中で質問したら詳しく解説してくれたので、その分の伸び縮みはあると思います。

まとめ

スタート地点探検ツアーについてご紹介しました。
ばんえい競馬はスタート地点を含むレースのすぐそばで観戦できるので、通常の競馬よりはコースを間近でみることができます。

しかし、スタート地点探検ツアーは
 ■スタート地点そばで重機を使っていたり、
 ■トンボで整地をする様子
などの準備風景をバスから降り立って間近で見ることができました。
そんな貴重な経験ができたので参加してよかったです。

13時前に帯広競馬場に到着するようであれば、スタート地点探検ツアーに参加してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
ばんえい競馬は初心者の私でも楽しめた!帯広競馬場(ばんえい十勝)を写真付きで紹介!

スポンサーリンク

-北海道, 旅行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

鎌倉大仏

【要チェック】鎌倉大仏のある高徳院の見どころ7選!

鎌倉大仏のある高徳院の境内は大仏はもちろんのこと、大仏以外にも見どころがあります。 可愛いアイツにも遭遇できるかも! スポンサーリンク 写真を交えつつ鎌倉大仏の見どころやお土産をご紹介! スポンサーリ …

新潟の日本酒を飲み比べ!長岡駅のぽんしゅ館で利き酒しました

スポンサーリンク 新潟県といえば日本酒! 新潟三大都市のひとつの長岡駅には、 新潟の日本酒を手軽に利き酒できるスポットがあります。 そんな素敵空間の名前は、 ぽんしゅ館! 長岡駅のぽんしゅ館に入ってい …

2018年木下サーカス柏公演の混み具合やおすすめの席等をご紹介

世界三大サーカスのひとつ、 木下サーカスの柏公演に行ってきました。 The!サーカス!という非常に胸アツな時間! 世の中にいろんな娯楽がある中で、私的ランキングの上位にサーカスがランクインしましたよ。 …

鎌倉 食べ歩き

鎌倉大仏周辺グルメ情報!道中でご当地シラスを食べ歩きできるお店3つご紹介

鎌倉を代表する観光地、鎌倉大仏。 最寄り駅の長谷駅から鎌倉大仏まで一本道です。 スポンサーリンク その道中には名産湘南しらすを使った魅力的なお店がたくさんあります。 私が鎌倉大仏に向かう道中で食べ歩き …

伊勢神宮

伊勢神宮のお守りの種類や効果、値段など。返納場所に関する意外な理由

スポンサーリンク 伊勢神宮は天照大神(あまてらすおおみかみ)をお祀りしています。 天照大神は日本の神々の最高峰の神様であり、日本国民の総氏神様でもあります。 そんな偉い神様がいらっしゃるため、伊勢神宮 …