土用の丑の日は「うなぎ以外」を食べてもOK!おススメ献立リスト!

土用の丑の日 うなぎ以外

夏の土用の丑の日にはウナギを食べるのが定番ですが、

ねこさん
ねこさん
うなぎが嫌い…

うなぎは高いから買いたくない…

という方にとってはあまり嬉しくない風習ですよね。

実は土用の丑の日にウナギを食べる文化ができたのは江戸時代。
それ以前はウナギ以外のものを食べていました。

ポイントは

」から始まる料理
黒い料理

それらのポイントを押さえた、土用の丑の日に食べたい「うなぎ以外の献立」をまとめました。

スポンサーリンク

土用の丑の日は「うなぎ以外」を食べても良い理由

突然の自分語りとなりますが、私はウナギが苦手です。
うなぎを食べたら腹痛に!原因は消化不良?解消法は?」の記事でも書きましたが、嫁に誘われるがままに高級ウナギを食べた結果お腹を壊した過去があります。

私のように、

ねこさん
ねこさん
土用の丑の日だからと言ってウナギを食べたくない!

という人もいるはず。

そこで調べたところ、
そもそも土用の丑の日に鰻を食べだしたのは江戸時代からです。

土用の丑の日のウナギは平賀源内の入れ知恵

うなぎは冬が旬のため、夏の時期のウナギは脂がのっていません。
鰻屋さんは商売あがったりだったので、日本の発明王の平賀源内に相談します。

そこで平賀源内から、

平賀源内
平賀源内
ウナギは「う」から始まる黒い生き物。
昔から土用の丑の日に「」から始まる黒い食べ物を食べていた風習にあやかりなさい

というアドバイスをいただきました。

そこでさっそく、

鰻屋
鰻屋
黒くて「う」から始まる鰻を夏に食べないのは江戸っ子とはいえねぇぜぇ

というキャッチ(想像)と共にのぼりを立てたところ、江戸の街に受け入れられてウナギの売上は急上昇。

同様の悩みを抱えていた他のウナギ屋さんも続々と真似をし、

鰻屋
鰻屋
土用の丑の日には昔からウナギと決まったもんよ!
鰻屋
鰻屋
てやんでぃ!あたぼうよ!

というセールストークをし続けた結果、
土用の丑の日にはウナギを食べるという風習が今に残った。
と言われています。

便乗するふてえ野郎がいるのは今も昔も変わらんもんです。

つまり土用の丑の日にウナギを食べるのは平賀源内による後付け。
鰻を食べずとも、古来より伝わる黒くて「う」のつく食べ物を食べればよいのです。

黒くて「う」から始まる食べ物を食べると良い理由

平賀源内がヒントを得た、夏の土用の丑の日に黒くて「う」から始まる食べ物を食べる習慣があった理由についてご紹介します。

これは五行説の相克という考え方に由来しています。

五行説の相克についてざっくり解説すると、
五行説では、季節の節目(土用)には気が乱れるという考え方があります。
この気の乱れを押さえるために、相反する気で相殺すればよいという考えがあり、これを相克と呼びます。

「五行説の相克」と「夏の土用の丑の日」

この相克の考え方を夏の土用の丑の日に当てはめてみます。

旧暦では月を干支で表していました。
夏の土用は未の月(旧暦6月)にあたります。
未の月に相反するのは、旧暦12月にあたる丑の月

五行説によれば、未と丑は相克関係になるのです。

さらに、相克関係のものを食べれば土用の気の乱れを押さえられるという考えがあります。

つまり、未の気を相殺するためには丑にまつわる食べ物を食べればよいということになります。

そこで、夏の土用の丑の日には、

丑の頭文字から始まる食べ物(つまり「」)
丑の特徴的な色の食べ物(つまり黒い食べ物)

を食べるとよいという考えがありました。

ねこさん
ねこさん
うなぎは「う」から始まるし、黒い食べ物。
鰻と五行の考えを結び付けた平賀源内の発想はさすがですね。

というわけで、夏の土用の丑の日に食べたい、
「黒くて」「う」から始まる食べ物や飲み物などを以下にまとめました。

黒くて「う」から始まる食べ物・飲み物

黒くて「う」から始まる食べ物:一覧

黒くて「う」から始まる食べ物について、まずは一覧でご紹介します。

黒については、厳密に食材自体が黒い必要はなく、
黒い物(例えば海苔など)と一緒に食べても良いと言われています。

主食

関東出汁のうどん
海苔を乗せたうるち米

肉類

イカスミ入りウィンナー
烏骨鶏のスープ
牛肉のすき焼き
馬刺し

魚類

ウグイの天ぷら
ウニ
海ぶどうの韓国のり和え

その他食材

梅の黒焼き

甘味

ウイスキーボンボン
ういろう
ウエハース
黒蜜宇治金時
薄皮饅頭

調味料

ウスターソース
薄口しょうゆ
黒うるか

飲み物

ウィンナーコーヒー
ウーロン茶
ウォータードリップコーヒー

お酒

ヴァイツェンビール(黒)
ウィスキー
ウォッカ
黒梅酒

「ヴ」も「う」としています。

以下では、上の表に示した「黒くて」「うから始まる食べ物・飲み物」に関する由来豆知識などをご紹介しています。
気になるものがあればご覧ください。

土用の丑の日の献立:主食

関東出汁のうどん

夏バテで食欲のないときに重宝されるうどん。
消化が良く、つるつるっと食べたくなりますよね。

うどんの麺は白のイメージですが、
関西から関東に来たときに汁の黒さに驚いた人も多いのではないでしょうか。

醤油ベースの関東出汁で作れば真っ黒いうどんの出来上がり。

長ネギ、みょうが、しそ、しょうがなどの薬味には食欲増進、疲労回復効果があります。

醤油100cc
和風顆粒ダシ少々
塩ひとつまみ
酒大2
生姜1かけ
鰹節

関東風出汁の作り方はいろいろありますが、
上の材料を沸騰したお湯に入れればOKです。

海苔を乗せたうるち米

うるち米とは、ごはんのことです。

うるち米を精米すると白米に、
精米していない状態のうるち米は玄米になります。

炊き立てのツヤツヤごはんも、実はうのつく食べ物。
うるち米自体は白米のため、黒いものである海苔や海苔の佃煮と一緒に食べましょう。

ちなみにもち米うるち米が同じものと思う方もいますが、
うるち米ともち米は違うものです。

うるち米はコシヒカリなどのごはん全般。
もち米は水に溶けないデンプン(アミロペクチン)が多いので、炊くとうるち米よりモチモチします。

土用の丑の日の献立:肉類

イカスミ入りウィンナー

子供も大人も大好きなウインナー。
イカスミを練りこんだ変わり種のウインナーはいかがでしょうか。
夏の土用の丑の日の需要を狙ったのかと思うくらい黒い食べ物になっています。

なお、ウインナーをパリッと焼くにはコツがあります。

皮に切れ込みを入れない
お湯で最初に茹でてから、焼き目が付く程度に焼く

の2点を意識してみてください。
皮はパリッと、中はジューシーに仕上がりますよ。

烏骨鶏のスープ


烏骨鶏(うこっけい)はその名の通り、カラスのように真っ黒な鳥です。

スーパーではあまり見かけない食材ですが、
古来より、

肉:不妊病の薬等
卵:鎮静剤

のように薬としても利用されていた、滋養強壮によい食材です。

肉を食べる時はスープにして食べると美味しいですよ。

また、烏骨鶏は卵を年間50個程度しか産みません。
希少価値の高い卵は鶏卵よりも鉄分やビタミンが豊富に含まれています。

烏骨鶏の卵かけごはん(U-TKG)は絶品ものです。

牛肉のすき焼き

「うしの肉」ということで、牛肉も「う」から始まる食材です。
夏の土用の丑の日のときに食べるなら、黒牛の牛肉を選びましょう。

すき焼きである必要はありませんが、
醤油の黒ベースの汁で食べるとより黒さが増します。

また、一緒に食べる卵は完全栄養食材と言われるほど栄養価の高い食材です。
夏バテ防止効果があるのでおすすめです。

牛肉にはたんぱく質、脂質以外にも鉄や亜鉛が豊富に含まれています。
夏バテで貧血になる方は特に食べておきたい食材ですね。

馬刺し

「うまの肉」ということで、馬肉も「う」から始まる食材です。
馬刺しが有名ですね。

馬肉は他の肉と比較すると、
高たんぱく、かつ低カロリーな食材です。
100gあたり109.9 kcal。

低カロリーの代表格の鶏のむね肉は108kcalなので、
鶏むね肉と同じくらいのカロリーなんです。

さらに鉄分も豊富で、
100g中に4.3mg含まれています。

牛レバーが100g中に4.0㎎なので、レバーよりも多く含まれていることになります。

馬刺しは牛肉よりも高級ですが、ウナギよりは安いです。

ねこさん
ねこさん
土用の丑の日には馬肉!

という習慣ができてもよいくらい優秀な食材ですね。

馬刺しの本家、熊本では専門店が街中にありますが、
その他の県では通販で真空パックの馬刺しを買うことができます。

土用の丑の日の献立:魚類

ウグイの天ぷら

ウグイは体に黒い帯があるのが特徴の、30~50cm程度の川魚の一種です。
旬は産卵期を迎える春から夏にかけて。

タンパクな白身魚のため、醤油をたらして刺身で食べるととても美味しいですよ。
また、唐揚げにすれば骨ごとまるっと食べることができます。

ウニ

ウニは殻が真っ黒なので、夏の土用の丑の日にぴったりの食材。

葉酸がとても豊富な食材でもあります。
葉酸は赤血球を作る材料になるため、貧血防止に効果的です。

また、疲労回復にも効果があると言われています。

海ぶどうの韓国のり和え

沖縄の代名詞ともなっている海ぶどう。

プチプチした触感が病みつきになる海藻で、
別名「グリーンキャビア」とも呼ばれています。

綺麗な緑なので、夏の土用の丑の日に食べる時は海苔や黒ゴマと和えると美味しくなります。

特に、韓国のり、海ぶどう、アボカドを混ぜてごま油を回しかけると美味しいサラダになりますよ。

ねこさん
ねこさん
海ぶどうの塩味がアボカドで中和されて病みつきになります。

海ぶどうは海藻のため、マグネシウム、カルシウムなどのミネラル分を多く含むほか、食物繊維も豊富に含まれています。
腸内改善してくれる嬉しい食材でもあるんです。

土用の丑の日の献立:その他食材

梅の黒焼き

梅干しは夏バテを予防するクエン酸や塩分を多く含んでいます。

また、夏の暑いときは食欲がわきませんが、
梅干しには食欲増進効果もあります。

梅干しを作る際には梅を天日干しします。
土用の日に天日干しをすることが多いため「土用干し(どようぼし)」とも言われています。
土用の丑の日にぴったりの食材ですね。

スポンサーリンク

夏の土用の丑の日に特におすすめなのが梅の黒焼き
梅の黒焼きとは、梅干しの実や種を炭でじっくり長時間煎って炭化させた食べ物です。
元々栄養豊富な梅ですが、黒焼きにすることで梅の栄養価が濃縮されます。

漢方でもよく使われており、冷え性などを改善できるそうです。

夏は冷房で意外と体が冷えるので、冷え性対策に食べてみてはいかがでしょうか。

瓜(うり)とはウリ科の植物全般を指します。
体の余分な熱を放出してくれるため、暑気あたりの予防に良いといわれています。

瓜の仲間には

西瓜(すいか)
胡瓜(きゅうり)
南瓜(かぼちゃ)
冬瓜(とうがん)
苦瓜(にがうり)
黒瓜(くろうり)

など、栄養価の高く、夏に不足しがちな水分が多い野菜が多いです。

特に黒ウリは名前のとおり、見た目が黒いウリです。
夏の土用の丑の日にもってこいですね。

スイカも黒帯があるので黒い食材
…といえるかもしれませんね。

土用の丑の日の献立:甘味

続いて甘味をご紹介。
デザートにいかがでしょうか。

ウイスキーボンボン

ウイスキーボンボンはウイスキー入りのチョコレートのこと。

「ボンボン」の由来について、
お金持ちの家庭の子どもを「金持ちのぼんぼん」と言いますが、
ウイスキーボンボンのボンボンもこのぼんぼんが由来
…ではありません。

フランス語で『良い』を意味するbon(ボン)が由来となっています。

アルコールが入っていますが飲料ではないため、酒税法におけるアルコールには該当しません。
そのため未成年が食べても法律上は大丈夫です。

ただしウイスキーは度数が高いので、肝臓が未発達の未成年はあまり食べない方が良いかもしれません。

ういろう

ういろうは和菓子の一種です。
名古屋土産でよく見かけるお菓子でもあります。

もっちり食感と優しい甘さが無性に食べたくなる時がありますよね。

名古屋名物になったのは、
青柳総本家という老舗和菓子店が名古屋駅構内で販売し始めたことがきっかけ
と言われています。

ウエハース

短冊形のパリパリした食感が特徴の洋菓子です。

チョコをサンドしたものは駄菓子にも多く見られます。
一世を風靡したビックリマンチョコのおまけ(メインはシール)になっていることでも有名です。

ブルボンの豆乳のウエハースはさっぱりさっくりで美味しいです。

黒蜜宇治金時

宇治金時はかき氷。
「宇治」はお茶、
「金時」は小豆を意味しています。

かき氷の上にゆでた小豆を乗せ、薄めた抹茶をかければ完成です。
さらに黒蜜をかければ土用の丑の日仕様に。

夏の暑いときに最適なデザートですね。

薄皮饅頭

薄皮饅頭(うすかわまんじゅう)は黒糖を使った薄い皮で餡を包んだ和菓子です。

スーパーなどでもよく見かけるので饅頭の総称なのかと思いきや、
福島県郡山市で作られた和菓子のみを薄皮饅頭と呼ぶそうです。

日本三大饅頭の1つでもあります。

残り2つは

東京都の志ほせ饅頭
岡山県の大手まんぢゅう

です。

土用の丑の日の献立:調味料

「う」から始まる食材
黒い食材
を満たさない料理でも、使う調味料が黒くてうから始まれば問題なしです。

ねこさん
ねこさん
なんでもありになってきました

ウスターソース

ウスターソースは調味料の一種です。
トマト、玉ねぎ、ニンジンなどの野菜などに塩、砂糖などを加えて熟成させて作られます。

「中濃ソース」や「とんかつソース」などもウスターソースの一種です。

ウスターソースを使いたいけど家に在庫がない!
というときはケチャップで代用できますよ。

ケチャップ、しょう油、胡椒を7:2.5:0.5の割合で混ぜてみてください。

薄口しょうゆ

薄口しょうゆは言わずもがな、醤油の一種です。

醤油には

濃口醤油
薄口醤油
たまり醤油
さいしこみ醤油
しろ醤油

と大きく5種類あります。

薄口しょうゆは濃い口しょうゆよりも食塩の量を1割程度多くして発酵させて作られます。
そのため薄口しょうゆは濃口醤油よりも色が薄いですが、塩分が高い醤油です。

素材の持ち味を活かすことができるので、関西の薄い出汁などに合います。

黒うるか

うるかとはアユの内臓を塩漬にしたもの。
つまり、アユの塩辛のことです。

黒うるかとは、鮎を1匹丸ごと刻んで塩辛にしたもの。
内臓の独特の苦みだけでなく、鮎の風味が合わさるので、とびきりの酒の肴になります。

うるかは黒うるか以外にも、

卵巣だけで作られた「子うるか」
精巣だけで作られた「白うるか」
内臓だけで作られた「苦うるか」

という種類もあります。

土用の丑の日の献立:飲み物

最後に黒くてうから始まる飲み物をご紹介します。
いつも通りの献立でも、飲み物を変えれば土用の丑の日仕様になりますね。

ウィンナーコーヒー

うから始まる飲み物
ウィンナーコーヒーはコーヒーの上にたっぷりのホイップクリームを乗せた飲み物。

飲んでいるうちに生クリームが溶けてクリーミーになるので、コーヒーの苦味が苦手な方におススメです。

ウーロン茶

ウーロン茶は茶葉の発酵途中で加熱することで発酵を止めた、半発酵茶を指します。

ウーロン茶には「ウーロン茶ポリフェノール」という成分が含まれています。
脂質を吸収する消化酵素の働きを抑制する作用があるため、脂っこいものを食べても排出されやすくなります。
脂っこいものを食べる時は是非一緒に飲みたいお茶です。

ちなみに、茶葉の発酵度合いによって、

緑茶(不発酵)
ウーロン茶(半発酵)
紅茶(完全発酵)

という違いがあります。

ウォータードリップコーヒー

ウォータードリップコーヒーは、コーヒーの粉に冷水を1滴ずつ落として時間をかけて抽出したコーヒーのこと。
水出しコーヒーの作り方の一つです。

通常のコーヒーはお湯を注いで短時間で作りますが、夏の暑い日に熱いコーヒーなど飲みたくないですよね。

水でじっくり抽出した水出しコーヒーを作ってみてはいかがでしょうか。

土用の丑の日の献立:お酒

最後に、黒くてうから始まるお酒をご紹介します。

ヴァイツェンビール(黒)

ヴァイツェンビールは小麦麦芽を最低50%以上使用した、ドイツ・バイエルン地方特有の上面発酵ビールのこと。
炭酸ガスの刺激が強く、清涼感があります。

ビールの苦みが苦手な方でも比較的飲みやすいビールです。

白が多いのですが、黒小麦を使用した黒ビールも売られています。

ドイツビールは少し割高ですが、土用の丑の日には晩酌を少し贅沢にしてみてはいかが。

ウィスキー

ウイスキーは蒸留酒の一つです。
産地や原料によって味や風味が全く違うので、極めようと思えば沼入り間違いなしのお酒。

ウイスキーをソーダ水で割ったハイボールは有名ですね。
割合はウイスキー:炭酸水=1:3~4が一般的です。

ウォッカ

ウォッカもウイスキーと同じく蒸留酒。
臭いや味が個性的でないことから割物としてもよく利用されています。

有名なのがストロングゼロ。
アルコール9%なのに飲みやすいという、カプセルホテルや夜行バスなどサクっと寝たいときの寝酒にぴったりなお酒です。

黒梅酒

梅酒は梅をホワイトリカーで漬けるのが一般的なお酒です。
自宅でも梅とお酒と氷砂糖と容器があれば手軽につけることができます。

サッポロから販売されている「黒梅酒」がおすすめ。
紀州産南高梅を100%使用。
仕上げに黒色に濃縮した梅エキスを加えることで、梅のしっかりとした味わいを感じることができます。

以上が黒くてうのつく食べ物や飲み物となります。
黒くないですが、うから始まる食べ物や飲み物は他にもあります。
「う」から始まる食べ物一覧!土用の丑の日に「うなぎ以外」を食べたいときなどに」にまとめているので合わせてご覧ください。
(一部本記事と重複があります)

土用の丑の日に食べたいウナギ以外のその他の食べ物

土用の丑の日に食べるのは、上でご紹介した「黒くて」「う」のつく食べ物だけではありません。
土用の丑の日ならではの、「土用○○」と呼ばれる食べ物を食べる風習も昔からあります。

以下では

土用餅
土用しじみ
土用卵

をご紹介します。

土用餅

土用餅とは、あんころ餅のことです。

お餅には「力餅」
小豆には「厄除け」
の意味があり、夏の暑さに負けずに過ごすことができるという由来があります。

あんころ餅で有名な赤福。
伊勢にある赤福本店では毎月一日に限定の朔日餅を販売しています。
朔日餅を求めて早朝から長蛇の列ができるほどの大盛況になります。

関連記事:「赤福本店の朔日餅を令和初日に購入した話

土用しじみ

一般的なシジミは冬が旬ですが、土用しじみは夏に旬を迎えるシジミです。
栄養価が高く、肝臓の調子を整える作用があります。

そのため、昔は薬の代わりに使われてもいたそうですよ。

土用卵

昔から土用の丑の日には土用卵として卵を食べる習慣があったそうです。

卵は完全栄養食
たんぱく質や必須アミノ酸などの栄養価がとても高いため、昔は貴重な栄養源でした。

また、卵は調理方法も様々ですし、どのような食材とも合うので、その意味でも万能食材です。

まとめ

土用の丑の日に食べたい、うなぎ以外の食べ物をご紹介しました。
いずれも梅雨から夏に変わる季節の変わり目の体調変化や、夏バテ予防の意味が込められています。

おいしいものを食べて免疫をつけて夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク
動画配信サービスのおすすめ「U-NEXT」!

最近パソコンの息抜きに動画配信サービスを見るのにハマっています。

何社か無料トライアルを試した中でのおススメは「U-NEXT」。

U-NEXTは最新作の作品も多数あります。
映画だけでなくコミックや本の配信が多いのも嬉しいところ。

600円分のポイントもつく31日間無料トライアルを実施中です。
アナと雪の女王2などは有料配信ですが、600円分のポイントを使って見れるお得感も。

【31日間無料トライアル中】
U-NEXT