覚えておきたいこと、忘れないようにメモメモ

クリスマス

クリスマスツリーはいつから飾る?片付けるのはいつ?長く飾りたいときは?

投稿日:


クリスマス間近ですね。
家でクリスマスツリーを飾るご家庭も多いかと思います。

クリスマスツリーをいつから飾り始めますか?
クリスマスツリーの本場ドイツでは飾り始める時期が日本とは異なります。
今年は趣向を変えて、ドイツ風のクリスマスのお祝いの仕方をしてみてはいかがですか。

スポンサーリンク

クリスマスツリーはいつから飾ればいいの?

日本ではたいていクリスマスの数週間前にクリスマスツリーを飾ります。
飾ったツリーを眺めつつ、クリスマスまでの残り日数をわくわくしながらカウントする感じ。

クリスマスツリーを飾り始める時期は特にこだわりなく、
「なんとなーくそろそろクリスマスだなぁ」
といった理由で、12月中旬頃に用意し始めますよね。

しかし、クリスマスツリーの本場ドイツは、飾り始める時期が日本とは違うんです。
ちなみに、クリスマスツリーの本場がドイツな理由はこちらの記事に載せています。

ドイツでは12月24日のクリスマスイブにクリスマスツリーを飾り付け始めます。
え、明日本番じゃん!
という感じですが、前日の12月24日です。

ドイツでは、イブのメインイベントのひとつがクリスマスツリーを飾ることなんです。

24日の朝になるとクリスマスマーケットにモミの木を買いに行きます。
大小様々に並んだモミの木の中から、これぞ!という木を捜しだします。
よいツリーを見つけ出せたら、その後一年間は健康や幸せが叶う年になるんだとか。

家に持って帰ったツリーには、ベルや玉などのオーナメントを家族総出で飾ります。
また、クリスマスマーケットでは、木製のオーナメントなど職人による手作りのオーナメントがたくさん売られているので、気分にあったオーナメントを買ってきたりもするそうです。

オーナメントにはそれぞれキリスト教にまつわる意味が込められています。

クリスマスツリーを片付けるのはいつがいいの?

ドイツのクリスマスツリーを片付ける時期

ドイツではクリスマスツリーを12月24日のクリスマスイブに飾り始めました。
では片付けるのはいつなのでしょうか。
せっかく飾り付けたのに、翌日の25日に片付けるのは少しもったいないですよね。

ドイツでは1月6日の「三王来朝の日」が終わったあとの1月7日頃に片付け始めます。
三王来朝の日とは、聖書にてキリストが誕生したときに三人の博士(三王)がキリストの元へ駆け付けたという話があるのですが、その日が1月6日といわれています。

スポンサーリンク

ヨーロッパでのクリスマスのお祝いは12月25日~1月6日ということになります。
だから12月24日にツリーを飾り始めてもおよそ2週間は飾っておけるんですね。

また、日本では来年も使うためにツリーを押し入れ等に片付けますが、ドイツでは片付ける際にツリーを処分します。
来年はまた新たなもみの木を探すことから始めます。

日本でクリスマスツリーを片付ける時期

しかし日本でドイツと同様に1月6日まで飾ろうとすると、お正月と被ってしまいます。
お正月には門松を飾るので、もみの木と松の木を家に並べることになりシマりません。

「それでもいいじゃん」とクリスマスツリーをお正月の間も飾り続けることはできます。
が、近隣の皆様から、
「あの家はお正月を過ぎたのにまだツリーを飾っているよ」
と間違いなく言われる(思われる)ことになります。

規律を重んじる日本人的思考ですが、とやかく思われるのも面倒です。
日本でドイツの風習どおりにツリーを1月7日に飾るのは難しいかもしれません。
おとなしくクリスマス終了後~大晦日前までに片付けるのが無難かと。
そして気持ちを切り替えて正月の準備を始めましょう。

クリスマスツリーを長く飾りたい場合はいつから飾ればよい?

ドイツでは待降節(アドベント)と呼ばれる、クリスマスの準備期間があります。
アドベントは11月30日(聖アンデレの日)に一番近い日曜日から、クリスマスまでの間の期間と決まっています。
アドベントの間はろうそくを毎週1本ずつともしたり、アドベントカレンダーでクリスマスまでの残り日数を数えたり、クリスマスケーキのシュトーレンを薄くスライスして少しずつ食べたり…してクリスマスまでを楽しみに待ちます。

「12月24日にツリーを出して12月26日ころに片付けるのは、せっかく飾ったのにちょっともったいない…」

と思われる方は、このアドベント期間にクリスマスツリーを飾ってはいかがでしょうか。
アドベントが始まる11月末にクリスマスツリーを飾り始め、クリスマスが終わった翌日26日に片付けます。
そうすればおよそ1か月間もクリスマスツリーを楽しむことができます。

ドイツではアドベントにクリスマスツリーを飾りはしませんが、アドベントはクリスマスを楽しみに待つ期間です。
日本ではクリスマスツリーを見てワクワクする風習があるので、ツリーをアドベント期間に飾っても問題はないですよ。

まとめ

いかがでしょうか。

クリスマスツリーの本場ドイツでは、クリスマスイブにクリスマスツリーを飾りだします。
また、ツリーを片付けるのは1月7日でした。

日本でこれを行うと正月を挟んだりと、少し大変なので、
アドベントが開始する11月末からクリスマスツリーを飾りましょう。
およそ1か月間もクリスマスツリーを楽しむことができますよ!

スポンサーリンク

-クリスマス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クリスマスカラーの赤色と緑色には意味があった!テンション上がる理由も考察

スポンサーリンク クリスマスカラーといえば! 赤と緑ですね! 何でクリスマスの色は赤と緑になったのでしょうか。サンタが赤い服を着るから。とか、 クリスマスツリーが緑色だから。といった理由ではなく、きち …

子供からサンタはいるの?と聞かれたら?サンタの国や由来を説明しましょう

クリスマスのみんなのアイドル、サンタクロース。 子供が少し大きくなるとサンタクロースの存在を疑い出すもの。誰もが通る道。 スポンサーリンク 「サンタは本当にいるの?」 「サンタはどこに住んでいるの?」 …

クグロフ型の選び方!サイズ、材質、表面処理、模様の形がポイント!

クグロフとはフランス・アンザス地方の伝統菓子でクリスマスには欠かせません。 あの有名なマリーアントワネットの「パンがなければケーキを食べればいいのよ!」もクグロフのこと。 ぜひ作ってみなければ! と思 …

クリスマスの定番!ブッシュドノエルのレシピや切り株の作り方を覚書き

クリスマスケーキの代名詞、ブッシュドノエルを作ってみました! ブッシュドノエルのレシピや切り株風の作り方を覚え書き。 スポンサーリンク

【レシピ】クグロフの作り方(14㎝用)。クリスマスにいかが?

スポンサーリンク クグロフはフランスやオーストリアなどでクリスマスに食べられる伝統菓子です。 クグロフ型と呼ばれるらせん状の模様がついた型にパン生地を入れて焼き上げます。 14㎝~15cmクグロフ型で …